【2020年版】簡単美肌♪手入れしすぎるのは逆効果な3つの理由!

スキンケア

スキンケアを頑張っているのに、お肌が逆に荒れてしまう経験はありませんか?

意外とあれこれとスキンケアをやりすぎてしまうよりも、

サボり肌の方が綺麗になるんですよ♪

 

なぜ念入りにお手入れをすればするほどお肌は荒れていくのでしょうか?
詳しく解説していきましょう!

手入れしないほうがきれいな3つの理由

スキンケアは肌に刺激を少なからず与えるから

毎日こまめにスキンケアを行うことはお勧めしません。
なぜなら、スキンケアを行うたびにわずかですが、化粧品による刺激や肌を触ることでストレスを与えているからです。

そうした細かな刺激が肌に悪影響を与える可能性があるからなのです。

スキンケア用品が肌に合わない可能性がある

皆さんは使用されている化粧品の成分表を見られたことはあるでしょうか?
非常に多くの成分が入っていることが確認できると思います。

もし、その中の一つでも自分に合わない成分があったとしたらそれだけでお肌に拒否反応がでてしまいます。
そのため、むやみにいろいろなスキンケアグッズを使用するのはおすすめできません。

スキンケアに力を入れると他の美容対策がおろそかになってしまうから

スキンケアのやりすぎは、お肌にダメージを与えるだけではありません。
スキンケアを多くしているから、他の美容に対する行動が薄くなってしまう可能性があります。
お肌は内側から綺麗になっていくものなので、スキンケアも必要かもしれませんが、そこまで大きいウエイトを占めることはありません。

 

まとめ

保湿などの目的で確かに化粧水や乳液の使用は必要です。

しかし、そういったスキンケアグッズに依存すると逆に肌にダメージを与えてしまう可能性があります。皆さんもあまり手入れをせずに内面から綺麗になることを心掛けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました